中古マンションのメリット、その4、リフォームできる

新築のマンションはピッカピカ、それに比べて、中古マンションは築年数も経っていますので、室内に汚れもあるでしょう。

また、最近の新築のマンションは、リビングを広く取った間取りである傾向にありますが、昔の間取りはダイニングキッチンの横に居間がある様な続きの間取りが多く、現代ではその様な間取りは使い勝手が悪いですよね。

また、昔はキッチンが壁に向いて設置されている事が多かったのですが、今はカウンターキッチンじゃないと、若い奥さんの中には、嫌がる方もいらっしゃるかも知れません。

でも、中古マンションで築が古い安いマンションって、こんな使い勝手の悪い間取りのマンションばっかりなのかと、不安に思われる方も多いと思います。

しかし、安心して下さい。

今はリフォームやリノベーション工事をする事が一般的になっておりますし、リフォームの技術も各段に上がっていますので、ご希望通りのお部屋にする事が出来るのです。

中古マンションを買ったら、精神衛星上、壁紙(クロス)位は是非、貼り換えて頂きたいのですが、白系のクロスを貼って頂き、床もクリーム系のフローリングに貼り替えて頂ければ、とっても明るいお部屋になります。

丁寧なリフォーム屋さんですと、部屋ごとに違うクロスを貼っても、料金は一緒にしてくれますし、一部屋の中で、メインになる壁だけアクセントを付けて、違うカラーのクロスを貼る事なども流行っています。

床については、フローリングは少々、高価になりますので、クッションフロアーや絨毯にして頂く事も出来ますが、一戸建ての場合は自由にして頂けますが、マンションの場合は、管理規約でL45以上など、一定の遮音効果のあるフローリングにする事が義務付けられている事もありますので、注意が必要です。

6帖のダイニングキッチン(DK)と8帖の和室が繋がっている様な古い間取りも、広い14帖のLDKに間取りを変えて頂く事も出来ますし、壁に向かっているキッチンも、カウンターキッチンやアイランドキッチンにする事も出来ます。

(間取りの変更については、一部、抜けない壁や柱がありますし、キッチンの移動に関しては、配管の状況によりますので、注意が必要です。)

一時期は、カウンターキッチンがとても流行っていましたが、カウンターの周りが壁に囲われている事もあり、案外、圧迫感がありましたが、今はアイランドキッチン風にして頂く事も出来ますので、圧迫感のない開放的な明るいキッチンになり、リフォームする事で素晴らしいお部屋にして頂く事が出来ます。

この通り、中古マンションは、ありきたりの間取りから、自分の思い描いた理想のお部屋にリフォームをする事が出来ますので、その分、費用は掛かりますが、気持ち良くお住い頂く事が出来ます。

素晴らしい中古マンションを見つける為に。

  • 東灘区の中古マンション
  • 西宮市の中古マンション